私が薄毛を改善した方法と7年間の経過写真を公開します!

↑改善前

↑改善後

私は20代前半、24歳ころから薄毛でした。

薄毛の進行は非常にゆっくりで、円形脱毛症のように突然一気に抜けたというわけではありません。

分け目~頭頂部にかけて非常に薄く、そこから全体的にスカスカになっていくようにハゲていきました。

一番ピークだったのは20代後半から30代で、一発で薄毛と分かるくらいに。

他人の目を気にして送る生活はとても辛く、死にたくなったこともあります。

はじめは、分け目のみハゲてました。そこからゆっくりと全体的に薄くなっていき、側頭部や後頭部も薄くなっていったという感じです。

頭頂部あたりは特に細く、毛も少なく、髪の毛の密度はかなり低かったです。

薄毛が治るまでの7年間

薄毛を治そうと、安易に手を出したミノキシジル。

でもそれで副作用を発症して、よりひどい薄毛になりました…😢それから医薬品恐怖症になり、薬を使わずに改善する方法を模索していました。

結果、7年もかかりましたが、少し改善することができました。

2012年24歳

リアップリジュンヌ女性用ロゲインを使用していた時期。

薄毛が一番ひどかった時で、一度治ったと思ったらロゲインの配合であるミノキシジルでかぶれて一気に減りました(泣)

毎日鏡見るたびに死にたいと思っていたのもこの時期です。

頭皮のかぶれ、痒み、赤みで皮膚科を受診。結果は脂漏性皮膚炎…
ロゲインの副作用による「頭皮のかぶれ」で皮膚科へ。 この時点ではロゲインが原因のものだとは、まだ確証はあり...

2013年25歳

↑分け目やてっぺんはまだまだ薄毛。

マイナチュレを6ヶ月くらい使用しました。

ちょっと毛がフワフワしてきた感触がありましたが、それ以上の変化がなかったので、その6ヶ月でやめてしまいました。

↓初めて購入した医療用ウィッグ

医療用なので、普通のかつらより高い(2万くらいした)のですが、半端な作りでバレバレになるのは絶対嫌だったので、奮発しました。

ですが結局、生え際の違和感が半端なく、初対面の人にはバレないかもしれませんが知ってる人に会うときには使う勇気がありませんでした…。

特に夏はウィッグの中が暑くてムレるし、汗が内側からたれてくるので「もみあげ付近は湿ってるのにウィッグは湿ってない」みたいな、おかしな状況になるので使うのを断念

2014年26歳

↑まだまだ薄毛。デルメッド育毛剤を使用していた時期。

変化はナシ。とりあえず他のも探しながら一応継続。そしてこの頃から食生活を見直し始めました。

ちなみにこのとき、薄毛専門クリニック【AACクリニック名古屋】に無料カウンセリングに行きました。

いろいろと悩みを聞いてもらい、最終的には仕事の愚痴まで聞いてもらい、精神的にすごく楽になりました。

関連ヘアメディカルの無料カウンセリング「AACクリニック名古屋」に行ってきた

2015年27歳

↑薄毛が悪化。頭皮の色も悪くなりました。

しばらく何の育毛剤か忘れましたがなんか使ってました。途中でミューノアージュに切り替え。

2016年28歳

↑頭皮の色も回復し、髪の太くなった

ミューノアージュを使用して1年くらい経ちました。

時々、なんとなくボリューム出てるような?うっすら生え際に産毛が生えてるような??

など良い変化があったものの、増えたり減ったりの繰り返し。

それ以上の変化はしばらく無く…。

2017年29歳

↑ほぼ薄毛が回復。頭皮も健康的な白色をキープしてます

鏡みて毛を触りながら「お?お!ハリ?!コシ?!」って感じで使用前よりも髪が元気になりました。

  • 転職してストレスも減って、夜中に就寝が、23時就寝に変わったこと。
  • 食生活も正したこと
  • 必ず毎日7時間は寝るようにして、睡眠の質を高めた。

この3つも関係してると思います。

寝る前のスマホはやめて、電気を暗くしたり、ベッドマットレスやまくらを変えました。

育毛サプリメントも開始しました)

2018年30歳

↑髪の根本が太くなり本数もかなり増えた感じです。

根本が立ち上がるので、ふんわり感が持続するし雨の日でもあまりペタ~ってしなくなりました。まだちょっと薄いですが、それなりに薄毛を改善できたと思います。

途中の3ヶ月ほど妙な育毛剤に浮気しちゃいましたが、一番反応が良かったミューノアージュに戻しました。

2018年2月の私の薄毛状況公開!ついについについにっ!!!
ちょーーーーーーやばーーーい!! まじ生えてきたっぽーーーい! ▲クリックで拡大 生えたっていうか...

2019年31歳

↑まだまだ維持してます。薄毛を改善しました。

3月に入り、春に近づくにつれ髪が太くなってきた気がします。髪を太くするだけで増えたように見えますからね!

髪を増やすのは難しいけど、髪を太くするのは意外と簡単!

食生活にも気をつけつつ、運動も継続した上で、育毛剤やサプリの使用をこれからも続けて現状維持を頑張ろうと思います。

薄毛の原因は、食事と睡眠と頭皮環境

正直、わかりません。病院へ行っても原因不明と言われましたし「個性なのかもしれない」とも言われましたし。

甲状腺機能低下症の疑いもありませんし、女性ホルモン値もピルを服用しているので、定期的に検査してるから大丈夫だし、病気の可能性は極めて低いです。

考えられる原因といえば…生活週間や頭皮の状態

  • 頭皮がまだらに赤く、全体に黄色かった
  • たまに数個頭皮ニキビができる
  • かゆみ、フケが多め
  • 3食中1食は菓子パンや惣菜パン。
  • たまに夜食にお菓子。
  • 飲み物は基本リプトンの甘い紅茶が多め
  • 頭皮の皮脂が多め
  • 夜遊び大好きで基本睡眠不足。
  • たまに夜中にゲームがしたくて起きて朝まで
  • 両家の祖父が薄毛というかツルツル。
  • 高校生くらいから毛が細かった。毛量も少ないタイプ

と、こんな感じです。20代前半のころのお話です。

ここまで書いてみて思ったんですが…

そりゃハゲますよね。(笑)

食生活最悪だし、遺伝の可能性もあるし、頭皮環境劣悪だし、成長期なのに睡眠時間たっぷりとってないし…。

タンパク質なんて、ほとんど摂ってなかったのかもしれない。

私の場合はおそらく、

食事改善×睡眠改善×頭皮環境改善×(育毛剤+育毛サプリ)=薄毛回復✨

って感じだったのかも?

やっぱ生活習慣を改善するって大事です!

薄毛改善に使用したアイテム

1. 自分に合った育毛剤ミューノアージュ

現在使用中のミューノアージュ。

途中で別の育毛剤に浮気もしましたが、私にとって一番反応が良かったミューノアージュに戻ってきて、今も使用しています。

関連医師監修のミューノアージュ育毛剤は中身が凄かった。効果&レビュー

2. 育毛サプリメントを摂取

育毛の為にも食生活が大切なのは言うまでもないんですが、普通に栄養バランスの良い食事を心がけるだけで良いのは薄毛じゃない人だけ

私レベルの薄毛の人は、バランスの良い食生活プラス「髪にとって必要な栄養素」をさらに重点的に沢山摂らないと薄毛を治すのは難しいんです。

なので2017年の後半ごろから、口コミで人気のイクモアを飲み始めました。順調に回復しています

関連イクモアは医療用の「パントガール」に匹敵する成分を配合した副作用の無い育毛サプリメント

▼最近はこちらのヘアバースに挑戦中!いい結果が出たらお知らせします!

newついに販売開始!現役薄毛治療医が監修した【医療用と成分が完全に同じ】育毛サプリ

3. 頭皮に優しい低刺激シャンプーに変更

こちらのharuシャンプーについては、今のところ使い心地も良好で目立ったトラブルもないので使い続けています。

ピディオキシジルという育毛成分も入っているシャンプーなのに、化学成分は無添加!!というポイントにひかれて購入しました。

せっかくサプリや育毛剤で髪に栄養を与えていても、髪が生える頭皮が荒れていては意味無いですもんね…。

関連無添加シャンプーharuってどんなシャンプーか試してみた!7日間使用した感想

薄毛改善のためにやってきたこと

薄毛にいい食べ物を意識して摂取

普段から髪に良いものを意識して食べています。

例えば…

  • 毎日アーモンド3粒くらい
  • 毎日魚 or お肉
  • 魔日豆腐 or 納豆
  • 毎日卵1こ
  • 毎日ヨーグルト100g+オリゴ糖
  • 週に数本の低分子コラーゲンドリンク

植物性のタンパク質と動物性タンパク質は毎日食べるようにしています。あとは免疫力を落とさないためにヨーグルトは欠かせません。

免疫力は頭皮湿疹やかゆみを防ぐ働きがあります。

コラーゲンドリンクが髪の毛を太くするのはNHKでやってました。

関連コラーゲンドリンクを飲むと髪の毛が太くなる

余分な糖分や脂質を摂らないよう、ケーキやドーナツなどの重たいおやつは週に1回程度に抑え、主食は玄米ごはん

髪のためと思ってやっていましたが、結果的に少し痩せたのでラッキーです(笑)

転職してストレスゼロへ

この、仕事のストレスがなくなったのは本当に大きかったです!

ストレスは、髪の毛に対し以下のような症状を引き起こします。

  • 頭皮の血管収縮による血行不良
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 免疫力の低下。頭皮の赤みや頭皮ニキビ
  • 過食による皮脂量増加

などなど、体にとっても頭皮にとってもストレスは悪影響すぎるんです。

はじめに務めていた会社が本当にブラックすぎて…(泣)

そこからは色々、いい会社に巡り会えたりもしたのですが、今は旦那もいるので在宅ワークのみで生活しています。

関連女性の薄毛でも気にせず働ける職業7選!おすすめは在宅ワーク!

転職先の良い会社に勤めていても結局、毎日時間をかけて薄毛を必死に隠してセットして、通勤にも時間を使って、周りに薄毛がばれないようにドキドキしながら会社に向かう毎日です。

それが今は全くゼロ。ストレスは髪にとって大敵。これは身を以て知りました…。

スーパーミリオンヘアーでストレスフリー

育毛剤やサプリも頼りにしていますが、今すぐなんとかしたいときに一番頼れるアイテムはやっぱりこの子、スーパーミリオンヘアーです。

初めて使った時は、粉がドバっと出てきて顔にまでかかったり、思ったところに粉が乗らなくて分け目のラインが途切れ途切れで超不自然だったり…。

苦労しましたが、慣れると本当にちょっと見ただけじゃバレないし、太陽の下で写真を撮っても全然OK!外出が楽しくなりました。

ただ、私の場合は本当に完成するまで時間がかかるので毎日はしんどいな~って感じです。近所へお買い物くらいなら全然帽子かぶります。

長時間の外出や、屋内で人と会う時など、帽子をかぶれない・被りたくない状況の時には強い味方です。

女性の薄い分け目の隠し方!分け目はげも完璧に
朝はいつもセットで困る ググってもいい薄毛の隠し方が見つからない モデルの写真みても、そこまで薄...

ヨガ&筋トレでストレス発散と血行改善

別にヨガと筋トレにこだわる必要は無いんですが、私はなるべくお金をかけずに自宅で運動したかったのでこの2つになりました。

転職した際、新しい職場がデスクワーク中心でどうしても肩コリや首のコリに悩まされまして…。

睡眠環境の改善

どブラック会社に勤めていた時は、

「常に寝不足なのに、いざ寝ようとすると目が冴えて眠れない。」

「やっと眠れたと思ったらもう朝。」

「カラダだるい…会社行きたくない…。」

そんな悪循環で一日の睡眠時間が4~5時間とかザラだったのですが、髪の毛の成長ホルモンのために、しっかり一日7時間寝るようにしました。

成長ホルモンは入眠後3~4時間ごろに多く分泌されます。睡眠時間が短かったり質が悪いと分泌は少なくなってしまいます。

どんなに遅い時間に寝ても7時間はしっかりとりましょう。

ちなみに、成長ホルモンはゴールデンタイムに多く分泌されると言われていますが、そんなことはありません。

分泌量は睡眠の質によります。睡眠前に、ぐっすり眠れる環境作りをすることが大切なんですね。

頭皮マッサージ

髪の毛に栄養を届けるのは血液。その血液は、頭皮の毛細血管によって運ばれます。

その頭皮の毛細血管は、耳の前後にある太い血管とつながっています。

そこをさすってあげると、頭皮への血行が促進され、頭皮がポカポカ&栄養がスムーズに流れるようになるんです。

この他にも、噛み締めによる「こめかみ」のコリを改善するマッサージなどをほぼ毎日、気づいたらやるようにしています。

関連薄毛を改善した私が続けている6つの頭皮マッサージ。スリスリして血行促進!

以上、私が実践してきた薄毛対策法です。これを続けてきたおかげで、2018年の時点で一応改善したと言えるかと思います。