椿油は頭皮や髪に良いって本当?薄毛への効果は?椿油の効果と方法のまとめ

「椿油って、おばあちゃんが使うイメージ…。」

「どうやって使ったらいい?年齢に関係なく使える?」

古くからヘアケアやスキンケアに使われてきた美容オイルの定番、椿油。

髪の毛の乾燥だけでなく、頭皮の乾燥を抑えることもできて、年齢に関係なく使えるんです。

でも、髪が硬くなるとか髪に悪いなんて噂も聞くけど…?

今回はそんなあなたのために、椿油の特徴やヘアケアに効果的な使い方、注意すべきポイントをご紹介します。

椿油とは?

椿の花のどこから油なんかとれるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

実は椿油は、椿の花からではなく種子から採取されているもの。

最近は自然志向が高まってきて、オーガニックコスメなどが人気ですよね。

その流れを受けて天然素材の椿油が注目を浴びることも多くなっています。

椿油が美容に欠かせない理由は「オレイン酸」

※ツバキ油の8割はオレイン酸!イラスト

椿油が話題になる理由は、その主成分が美容に欠かせない成分だからなのです。

その主成分とは「オレイン酸」です。

皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

便秘解消や悪玉コレステロール対策に有効な、あのオレイン酸です。

体内に取り入れることで腸内環境を整えるだけでなく、お肌や髪の毛の潤いを保つ役割もあるというのだから驚きですよね。

なんでも、オレイン酸は私たちの健康な皮膚から分泌される皮脂と非常によく似た成分なのだとか。

椿油の成分の8割以上はそんな「オレイン酸」からできています。

椿油の髪への効果

①頭皮の保湿効果UP

保湿力に優れ、乾燥しがちな頭皮を適度に潤してくれます。

潤すことで、頭皮を乾燥から守るための過剰な皮脂分泌も抑えられ、ベタつきや臭いも予防します。

豊かな土壌でおいしい野菜が育つように、健康な髪の毛は健康な頭皮から育つものですから、美しい髪のために頭皮ケアは欠かせませんね。

②フケ・かゆみを防ぐ。頭皮のクレンジング効果

肌馴染みがいいので、普段のシャンプーだけでは落ちにくい皮脂汚れを浮かせて落としてくれるクレンジング効果もあります。

フケやかゆみの原因となる不要な皮脂を取り除くことで、頭皮トラブルも防げます。

③髪の摩擦を防ぎ、ダメージ防止効果

髪の毛のダメージは、摩擦が原因となってしまうことが多いです。

特に濡れた髪は摩擦に弱く、タオルでゴシゴシこすってしまうとあっという間に毛の表面のキューティクルが傷ついて、最悪の場合はがれます。

キューティクルがはがれると髪の内部の水分が流出して髪が乾燥する、というわけです。

椿油を髪の表面に付ければキューティクルを保護して、髪の内部の水分が流れ出すのを防ぐことができます。

椿油のオススメの使い方

①シャンプー前のヘアパック・頭皮マッサージ

ヘアパック:週に1~2回程度

毛先やパサつきが気になる部分を中心に、髪全体に椿油を馴染ませます。

なじませたらホットタオルで髪を包み込み、10~15分程度放置しましょう。

時間が経ったらお湯で髪をすすぎ、シャンプーをしてください。

頭皮マッサージ:週1回程度

指先に椿油を取り、指の腹を使って乾いた頭皮全体に丁寧に馴染ませます。

5分ほど放置したら、ぬるま湯でしっかりすすいで、シャンプーをしてください。シャンプーの際、泡立ちが悪ければシャンプーを多めに使ってみてください。

②インバストリートメント

シャンプーを流し終わったら、洗面器にお湯を入れ、椿油を1~4滴垂らします。お湯をよくかき混ぜたら、手ですくって少しずつ髪全体に馴染ませましょう。

そのあとは再度お湯で髪を流す必要はないので、そのままタオルドライへ移ってください。

③アウトバストリートメント

お風呂から上がり、髪を乾かす前に椿油を使うことで、ドライヤーなどの熱から髪を保護することができます。

ドライヤーで乾かす際は上から下へ、キューティクルを閉じるように乾かしてくださいね。

Q. 大島椿の椿油が髪に悪い、髪が固くなるのはホント?

ヘアパックに頭皮マッサージ、トリートメントとなんでもできてしまう椿油ですが、使う際に気を付けなければいけないことがあります。

椿油をつけすぎると、ベタベタ・髪を洗ってない子状態に。

「椿油を髪に塗ったらベタベタになった」「髪を洗っていないような油っこい髪になった」そんな声をよく聞きますが、それらはすべて椿油の使い過ぎが原因。

しっとりサラサラにしたくて、たくさん使いたくなる気持ちも分かりますが、まずはひとつの使い方を椿油1滴から始めてみましょう。

椿油を乾いた髪につけると、髪が固くなる原因に

「椿油を塗ったら髪の毛がパキパキに硬くなった」これもまたよく聞く声です。

これは髪に塗った椿油が酸化したことが原因と思われます。

解決策としては、濡れた髪への使用に限定し、乾いた髪には椿油を塗らないことをおすすめします。

また、髪質によっては椿油を使うことで髪の毛がゴワゴワしてしまうこともあるようです。まずは一度少量で試してみてください。

Q. 椿油で薄毛が改善するって本当?

A. 椿油で薄毛は改善されません。

毛穴クレンジング効果ありますが、毛穴がスッキリするだけで、薄毛は改善されません。

薄毛は、女性ホルモンの減少・成長因子の減少・食生活の乱れ・睡眠不足など、色んなことが重なり合って起きるものなんです。

毛穴クレンジングだけでは、改善はされません。

椿油はヘアパックやトリートメントにもなる優れものだけど、使い方には注意!

人間の皮脂に多く含まれている脂肪酸のひとつ、オレイン酸を豊富に含む椿油。

シャンプー前にヘアパックとして使ったり、トリートメントに混ぜたり、アウトバストリートメントとして使えば保湿効果が期待できます。

シャンプー前はヘアパックだけでなく、椿油を揉みこんで頭皮マッサージをすればクレンジング効果で健康な頭皮の維持に役立ちそうです。

と、聞くと全部試してみたくなってしまいますが、椿油を使うにあたっていちばん気を付けなければいけないのが「使い過ぎ」

まずはどれかひとつの使い方を椿油1滴から始めてみましょう。

効果をあまり感じられなかったらもう1滴増やすか、別の使い方を試してみてはいかがでしょうか。

自分に合った使い方を見つければ、古くから日本の女性の髪を美しく輝かせてきた椿油はきっとあなたの髪も輝かせてくれるはずです!

コメント