産後の抜け毛にオススメな3つの育毛剤

産後の抜け毛にお悩みのママ、または妊娠中から抜け毛が気になる妊婦さん。

抜け毛予防に育毛剤を…と思っても、

妊娠・授乳中だし何を買ったら良いかわからない…

そもそも妊娠・授乳中に育毛剤って使っていいの?

と、躊躇しているのではないでしょうか?

今回はプレママ・新米ママでも使える、産後抜け毛にとくに良い育毛剤の選び方を紹介します。

そもそも、産後の抜け毛の原因って?

一般的には『自然に治まるものだから何もしなくていい』と言われる産後の抜け毛。

その理由はホルモンバランスが握っています。

さくっとわかる!産後抜け毛のメカニズム

妊娠中→女性ホルモンの分泌量が多く、いつもより髪が抜けにくくなる。

出産後→女性ホルモンの量が減り、今まで保っていた髪が一気に抜け落ちる。

本来毎日少しずつ抜けていたはずの髪が、産後まで溜め込まれて一気に抜けるために「抜け毛が増えたと勘違いする」現象。(実は抜け毛の総数は変わらない。)

産後しばらくしてホルモンバランスが整えば回復します。

でも「妊娠前よりも髪のボリュームが減った」とか「抜け毛が全然治まらない」という場合は注意が必要です。

「産後だから」ではなくストレス栄養不足頭皮環境の悪化などが原因で抜け毛が発生しているのかもしれません。

原因を突き止めて改善することも大切ですが、育毛剤などで発毛する力を補助してあげることも大切です。

産後の抜け毛の原因と自宅でできる対策法
出産を経て子育て真っ最中のママ! お子さんに関する悩みは尽きないと思いますが、自分の悩みの解決は後回しにな...

妊婦さん・授乳中のママは育毛剤を使ってもいいのか?

妊娠・授乳中は胎児や赤ちゃんに影響があるといけないからと、飲み薬はおろか塗り薬さえ制限されますよね。

育毛剤は果たして、使って大丈夫なのか?

結論から言えば『大丈夫、使ってOK!』です。

胎児や乳児に影響が出る恐れがあるのは「医薬品」に入るものです。

育毛剤はほとんどが「医薬部外品」(薬ではない、化粧水などと同じ扱い)なので、赤ちゃんへの影響を気にすること無く、安心して使えます。


▲パッケージやホームページに必ず書いてあります!

逆に気をつけるべきは「第一類医薬品」など、医薬品という表示があるもの。

リアップリジェンヌ」などは比較的手に入りやすいですが、医薬品なので妊娠中・授乳中に使ってはいけません


引用元大正製薬リアップリジェンヌ

▲妊婦さんは使えないし、ミノキシジルは母乳に移行する!

産後の抜け毛用育毛剤を選ぶ3つの条件

医薬部外品であることが最低条件だと考えても、育毛剤って沢山あります。

そこで『ママ・プレママが使う育毛剤』という視点で、さらにこんな条件に絞りました。

産後抜け毛のための育毛剤を選ぶポイント

1. 副作用が絶対にないこと。
2. 続けやすい価格であること。
3. 成長因子を促すタイプであること。

1. 副作用が絶対にないこと

医薬部外品」の育毛剤を選んでおけば、副作用が生じるようなことはまず無いのですが、例えば「肌に合わなくて頭皮が荒れた」なども副作用だと考えると、なるべく肌に優しいものがベストです。

Check!

添加物のできるだけ少ないものを選ぶ。
1回目はお試し価格で安く購入出来るものを賢く選び、パッチテストをしてから使い始める。

妊娠前は丈夫だった肌でも、妊娠・出産を機に体質が変わってしまい、敏感肌になっているかも。

もしも頭皮が荒れてしまったら皮膚科で薬を処方してもらう…ところですが妊娠・授乳中は使える薬にも制限があり、治りが遅くなります

治療が長引いて頭皮環境が悪いままでは余計に薄毛・抜け毛が進行してしまいます…。

2. 続けやすい価格であること

妊娠・子育て中は仕事ができないため、共働き家庭だと収入は減少しがち。

今後の育児でもお金はかかります

家計に支障が無いくらいの価格帯だとベストですよね。

育毛剤は6ヶ月~1年は使用を続けてみないと変化がわかりません。

そのため続けやすい価格帯を選ぶことが必要不可欠です。

ただし、ひと月あたり2~3000円くらいで済んでしまう安い製品は成分が微妙なものが多く、効果はほとんど無いと言えます。

効果が無いなら買わなくても一緒ですよね。

じゃあ逆に『高ければ高いほど効果があるの?』というわけでもなく、不必要な成分まで入って無駄に高くなっている可能性があります。

必要最低限のちゃんとした成分が配合されており、5000円~6000円くらいのものが、一番意味があります。

それ以上(一万円とか)のものだと、ただ価格が高いだけで5~6000円のものと効果は変わりません

3. 成長因子を促すタイプであること


成長因子とは簡単に言うと、髪の毛を成長させるために必要な信号のこと。

毛乳頭から毛母細胞へ髪の毛になって!」と指令を出す係のことです。

この『成長因子の量を増やす働きのある成分(成長因子分泌促進作用成分)』を配合しているかどうか?がポイントとなります。

◆成長因子についてもっと詳しいメカニズムが知りたい方はこちら

育毛剤やHARG療法に使われる成長因子とは発毛に欠かせない信号(発毛司令)のこと。
成長因子とは、人体のさまざまな器官の細胞が分泌している、細胞を活性化させる物質のこと。 わかりやすくいうと...

成長因子の量が増えなければ、新たな髪は生まれてこないということです。

産後の抜け毛にお悩みの方におすすめ育毛剤3選

以上のことを踏まえた上で、妊婦さん・授乳中のママさんにも安心して使ってもらえる育毛剤を3つセレクトしてみました。

1. 添加物がとにかく少ない!「ハリモア」

とにかく肌荒れが心配、頭皮が弱いなどで、添加物が少ないのものを探しているならハリモアがおすすめ。

業界トップクラス15種類の無添加です。

私が調べた限り、添加物の少なさだけで言えば正直「ベルタ育毛剤」が無添加数16とトップなんです。

しかしベルタは「初回注文時に必ず3本まとめて注文しなくてはいけない」という謎のルールがあります…。

最低でもそれくらいは使わないと効果を実感できないから、という理由らしいのですが…いやいや、肌に合わなかったらどーすんねん!って感じなのでセレクトから外しました。

ハリモアはとりあえず1本だけ試して、合わなかったらその1回だけで止められます

成長因子分泌促進作用成分4種類と、ベルタより多く入っています。

定期購入で1本あたり5800円ですが、初回のみ3800円と割安。

関連ハリモアの効果や評判は?口コミや体験レビューも

「薬用ハリモア」公式サイトはコチラ

2. 添加物が少ない上にサプリまでついてくる!「ルルシア ルフレ」

無添加の数13種類。ハリモアに次ぐ添加物の少なさを誇るのがルルシアルフレです。

成長因子分泌促進作用成分は2種類と、少し物足りない感じもするのですが…ルルシアルフレのすごいところは『毎回育毛サプリがついてくる』というところです。

普段の家事にプラスして慣れない育児も始まり、赤ちゃんの事ばっかりで自分はゆっくりご飯も食べられない…。

栄養バランスが偏った食生活になっていませんか??

育毛剤の実力を生かすためには栄養をしっかり摂れている事が大切です。
(他にも睡眠とかストレスとか…挙げたらキリがないのですが)

忙しい女性の「髪への栄養不足」をサプリで補い、「発毛促進と抜け毛予防」を育毛剤でカバーするという2重の策が、ルルシアルフレだけで出来るということでお得感満載です。

本来どの育毛剤を使うときでも、育毛サプリも絶対併用したほうが良いと私は思っているのですが…いかんせん両方買うとなるとそれだけ金額も上がります。

ざっくりひと月平均で育毛剤5000円+サプリ3000円くらい。(最低ラインでの計算)

ルルシアルフレなら育毛剤にサプリもついてきてひと月5000円台です。

初回だけ3900円(もちろんサプリ付き)です。

肌に合うかも試しつつ、しっかり栄養補給もしてくださいね!

関連サプリ毎回プレゼントでお得感満載の育毛剤ルルシア

サプリメント付き女性用育毛剤「ルルシア」公式サイトはコチラ

▲今だけ期間限定でなんと初回980円らしいです!

3. 薄毛治療の医師が開発した育毛剤。「ミューノアージュ」

ミューノアージュは東京ミッドタウンの中にある「皮膚科形成外科ノアージュ」の薄毛治療も行っている医師が監修した育毛剤です。

昨今いろいろな種類の育毛剤が販売されていますが、医師が監修した育毛剤ってミューノアージュくらいしかないんですよ。

無添加数は6種類と、今まで紹介したハリモア15種類、ルルシア13種類に比べると「添加物多いの?」って気になっちゃいそうですが、美容皮膚科医が監修していることを考えたら十分な数なんだろうと思います。

それよりもミューノアージュのすごいところは「成分の良さ」です。

有効成分成長因子分泌促進作用成分それぞれ5種類配合されています。

これらの成分をミューノアージュよりもたくさん配合した育毛剤は、今まで調べた限りは見当たらないかな…という感じです。

よほど運悪く肌に合わない限り、ダントツでおすすめしたいのがミューノアージュです。

関連ミューノアージュ育毛剤の効果&レビュー

薄毛治療の医師が監修したワンランク上の育毛剤で産後の抜け毛を食い止める!

▲初回は、2週間分のお試しセットがクーポン+ポイントで680円で購入できます
販売ページの下部に出てくるクーポン番号を入力すると、その場で1000円OFF。
さらに、初回購入限定ポイント300円分がその場で使用可能。

2週間で効果は出ませんが、肌に合うかどうかを調べるためにはすごくちょうどいい量です。

妊娠中・授乳中に育毛剤を使うときの注意点

妊娠・授乳中に限らず、すべての薄毛の方に言えることなのですが

Check

頭皮が炎症を起こしているときは使わない
・栄養不足にならないよう、きちんと食事を摂る
・しっかり7時間以上の睡眠をとる
ストレスを溜め込まず、適度に発散する

この4つがとっても重要です。

ちいさな赤ちゃんもいる家庭で、コレを毎日クリアするのはなかなか難しいかもしれませんが…なんとか周りの人にも協力をお願いして、少しずつでも実行してみて欲しいです。

そうすれば育毛剤のパワーもしっかり生かされます。

育毛剤は医薬品ではないので即効性はありません。日々の小さな積み重ねがすごく大事です。

いつまでも、髪のキレイなママでいてくださいね!

コメント